早朝焼肉! -Premier The SAMGYUPSALー


↓↓↓↓↓フィリピンのナイトライフ情報なら↓↓↓↓↓

 

 

どうもkazuです。

 

夜の遊びを取材する仕事ということは、夜の仕事をする人たちの時間帯に合わせるということで、普段は昼間仕事して夜は寝る生活をしている僕にとって、昼夜逆転の試練に向き合うことになります。

 

取材日は週に1,2回のため、取材当日は朝7時ごろから動き出して、昼食を終えてから準備をして、マラテやマカティに向かうわけです。

 

で、取材が始まるのが午後5時ごろで、お店の開店は午後7時です。

 

その、開店までのお客さんのいない時間帯に、ショータイムのビデオや、キャストさんたちの写真なんかを撮るわけです。

 

カラオケの営業時間は通常午後7時~午前3時のお店が多く、ごく少数が午前5時までの営業をしています。その場合は開店が9時になることが多いようです。

 

ですので、なんだかんだ取材が終わるのが午前5時30分ごろ。

 

外はもう明るくなってきています。

 

取材時間も12時間を超え、丸々24時間起きているわけですよね。

 

そこで、人間というのはずーっと働いていると、疲れもあるのですが、ちょびっとお腹が空きます。

 

なので、お店のキャストさんを誘って「じゃあ、ご飯でも食べますか」ってなことが多々あるのです。というかほぼ毎回ですね w

 

ということで、マラテやマカティには早朝のレストラン、ファストフードに、お店が終わったキャストさんや、アフターのお客さんたちがそこかしこにいるという風景が昔からあるんですね。

 

そんな、早朝のごはんの定番が「焼き肉」 w

 

朝から焼き肉は食えねえだろと思うかもしれませんが、働いている人間にとっては、ちょうど普通の人の夕食時間なんですよね w

 

今回はマビニ通りのこのお店に行きました。

 

 

 

お隣がGIONです。カラオケの集中地帯ですね。

 

 

 

 

可愛いキャストさん二人もいっしょです w

 

 

 

二人ともかわいいですね!

 

でも、ついつい仕事の延長でインタビューモード w

あれこれ聞いてしまいます。

 

このお店、サムギョプサルといって韓国式の焼き肉なんで、サイドメニューが大量に出てきます。もちろんお替わりも自由です。

 

っていってもそんなにたくさんは食べられないですけどね。

 

スープも辛いのと辛くないのと出てきて、サンチュもおかわりできるので、お得です。

 

で、朝から肉を焼いてバクバク食べる w

 

 

食事が終われば、もう7時近く、、、本当に24時間起きてます w

 

こっから家まで帰ると約2時間 w

 

取材の次の日は、確実に死ねます、おやすみなさい w

当サイト限定
PhNightだからこそデキる、提携KTV様限定クーポン配布や交流イベントへのご招待。特典は全部早いもの勝ち♪
2019 (C) PhNight All rights reserved.

コメント

mood_bad
  • コメントはまだありません
  • chat
    コメントを追加
    Messenger icon
    フェイスブックでお問い合わせ